モロモロの旅 2話 キャンプと高い木の上で 前編

 

「よいしょ。
 ……ふぅ。こんなものかな」
 取ってきた枝をすでに山積みになっている枝の上におく。
「夢にまでみたキャンプファイヤー……とまでは行かない無いが、初めてにしては上出来だな」
 さっそく火をつけよう。
 モロモロは心を踊らせ、葉っぱで作ったテントの中にしまったマッチを取りに行く。
 二回目の旅。
 一回目の旅の帰りにねっていた旅だ。
 今回は遠出をしてみた。
 遠出の旅と言ったらキャンプ。
 キャンプと言ったらテント。
 テントと言ったら焚き火。焚き火を征するものは遠出を征する。
 旅のバイブルと呼べる本『旅かえるの心得』百九箇条のうちの一つに書いてあったから間違いない。
 『旅かえるの心得』は、野宿する場所、テントの貼り方、枝の集め方に組み方、火の付け方など記載されており、モロモロは旅に出る前にかならず熟読して、旅にでている。だから、ここまですべて完璧。あとは火をつけるだけ。
「ん……ん……ん……。
 ……あれ?」
 おかしい、つかない。
 何度も何度もマッチをこすっても火がつかない。
 研修のときは一度も失敗したことがない。火付けの講義では常にトップの成績を収めていたのだ。
 ここにきて火がつけられないなど、笑えない。
 焚き火こそ、遠出の醍醐味なのだ。
「ふんっ! あっ」
 力を込めすぎて、折れてしまった。
 マッチを折るなんて一度もないのに。
「んー」
 どうしたものか。このあと何度も挑戦したが、どれも火をつけることができず、全て折ってしまっている。
「まいった……まさかこんなことになるとは……。
 ご主人が用意してくれたライターを借りるんだった……」
 ライターなんて邪道といって、ご主人のせっかくのご厚意を蹴ってしまった。あのときの自分を思いっきり殴ってやりたい。
「こうなったら、原始的に枝をこすって火をつけるか……」
 いや、そんなやったこともないことを、いきなり本番で出来るわけがない。
「んーどうしたものか……」
 モロモロは腕を組、空を仰ぐ。
 視線の先には、大きな木が空に向かって伸びていた。
「高いなぁ」
 きっと登ったらいい景色を拝めることだろう。
 ……と、そう思ったとき、モロモロは『旅かえるの心得』の百九箇条の一つを思い出した。
 第八十二条。
  ピンチのときは高いところにいけ。
モロモロは、すぐにその木に登った。
後編につづく

<旅かえる 公式サイト>

http://www.hit-point.co.jp/games/tabikaeru/

<App Store>

https://itunes.apple.com/jp/app/apple-store/id1255032913?mt=8

<Google Play>

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.hit_point.tabikaeru





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です